親子で楽しい週末お出かけ情報「神奈川イベントプラス」

神奈川イベントプラス

イベントお知らせメール/登録すると素敵なプレゼントが貰えるチャンス!

親子で休日を満喫しよう♪相模原市でおすすめの遊び場3選!【科学館・工場見学・アスレチック】

相模原

投稿日:2019年11月30日

友達にもシェアしてあげよう♪

LINEで送る


相模原市は、神奈川県の北部にある都市です。JRや京王電鉄などの6つの鉄道路線が通っており、交通アクセスの良さが魅力です。また、相模川や相模原団地、丹沢山地などの山川に囲まれた、自然豊かなエリアでもあります。

そんな相模原市には、親子で遊ぶのにぴったりな遊び場がたくさんあるんです。今回は、相模原市でおすすめの遊び場を、厳選して3つご紹介します。
相模原市でどこにお出かけに行くかお悩みの方は、是非こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

①クイズやワークショップも楽しめる【相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら】

(出典)https://sagamigawa-fureai.com/

 

はじめに、お魚や川が好きな子どもにぴったりなスポットを紹介します。相模川ふれあい科学館は、相模川の生き物をはじめ、川を利用した化学や技術を紹介している水族館です。2014年には「相模川に集い、親しみ、楽しく学ぶ交流拠点」をコンセプトに、リニューアルオープンしています。

 

 

相模川ふれあい科学館は、川ゾーン、生命ゾーン、人ゾーン、情報・交流ゾーンの4つのエリアに分かれています。川ゾーンでは、相模川の水源から河口までを巨大な水槽で表現した「流れのアクアリウム」や、相模川の自然や四季の様子を映像で展示するコーナーなどがあります。川底探検のブースでは、ジョグシャトルで川を移動して生き物を見つけ出すゲームも体験できます。子どもが夢中になって楽しめそうですね。

 

 

生命ゾーンでは、希少種のタナゴやサンショウウオなどの両生類の水槽を展示しています。ドーナツ型の水槽は、360℃から生き物を観察することができます。また、タッチパネルを使った塗り絵体験コーナーもあります。タッチパネルでお魚に塗り絵をすると、そのお魚が画面の中で泳ぎ出すというユニークな塗り絵です。自分の塗ったお魚が目の前で泳いだら、子どもも大喜びですね。

 

 

人ゾーンでは、相模川の恵みを享受する人間と川との関係を知るためのエリアです。具体的には、水田の役割や魚を守るための取り組みなどを、パネルやクイズ形式で紹介しています。子どもも遊び感覚で、相模川を学ぶことができますね。

 

 

情報・交流ゾーンでは、相模川の最新情報が得られる特別企画展のほか、スノードームやストーンアートなどが作れるものづくりワークショップも開催しています。工作が好きな子どもは、喜ぶこと間違いなしですね。

館内には授乳室も完備しているので、小さな赤ちゃん連れのママも安心して利用できます。相模川ふれあい科学館は、相模川の生き物を観察できるだけでなく、タッチパネルやゲームなどといった体験型のブースもあるので、子どもも飽きずに楽しめますよ。

 

所在地:神奈川県相模原市中央区水郷田名1-5-1
電話番号:042-762-2110
アクセス:
車の場合:圏央道 相模原愛川IC より約6km
電車の場合:JR横浜線 相模原駅より 神奈川中央交通バス(南口5番のりば)水郷田名行き「ふれあい科学館前」下車徒歩1分。
公式HP:https://sagamigawa-fureai.com/
いこーよ:https://iko-yo.net/facilities/1318

 

②親子でお水に詳しくなれる【クリクラ中央研究所・町田工場】

(出典)https://www.crecla.jp/factory/machida/

 

 

お次は、何でも知りたがる子どもにぴったりな、工場見学ができるスポットをご紹介します。クリクラは、原水に含まれる不純物や雑味を取り除いた、安心で美味しいお水です。クリクラのウオーターサーバーは、500以上もの産院で利用されており、赤ちゃんのミルクや離乳食にも使われています。

クリクラ中央研究所・町田工場では、研究所と工場のどちらも見学することができるんです。クリクラ中央研究所にて微生物検査などの検査施設の見学をした後に、クリクラ工場で原水からクリクラができるまでの製造工程も見ることができます。熱心に見学をすれば、子どもでもクリクラ博士になれそうですね。

また、水ギャラリーでは、世界各国から集めた1,300本以上のミネラルウオーターや、陶器やガラス製の珍しいウオーターサーバーが展示されています。見たこともない美しいウオーターサーバーに出会えるチャンスですよ。

工場見学の最後には、クリクラを使用した「お手湯」も体感することができます。クリクラを肌で感じることができますね。また、公式HPにてクリクラの工場見学を楽しめるワークシートがダウンロードできるんです。工場見学に行く前に、お家でプリントアウトしておくと良いですね。

クリクラの工場見学では、ただ見学をするだけでなく、自分の肌で体感しながらクリクラについて学ぶことができます。興味のある方は、是非親子で足を運んでみてくださいね。

所在地:東京都町田市小野路町1716-1
電話番号:0120-867-867
※電話受付:月曜~土曜 9:00~16:30 祝日を除く
※案内中は出られない事がございます。ご了承下さい。
なお、個人のご予約はクリクラHPでは24時間受付けておりますのでそちらをご利用下さい。
※個人のお客様の当日予約はフリーダイヤルにてお問合せ下さい。
アクセス:*バスにてお越しの場合*
・鶴川駅、小田急・京王多摩センター駅より⇒神奈川中央交通バス20分程度
「五反田」下車すぐ

*車・タクシーにてお越しの場合*
・鶴川駅、小田急・京王多摩センター駅、小田急・京王永山駅より⇒車・タクシーで10分程度
・町田駅より⇒車・タクシーで25分程度
公式HP:https://www.crecla.jp/factory/machida/
いこーよ:https://iko-yo.net/facilities/55587

 

③大自然の中でアスレチックや工芸体験が楽しめる【神奈川県立あいかわ公園】

(出典)http://www.aikawa-park.jp/

 

最後にご紹介するのは、アクティブな子どもにおすすめしたいスポットです。神奈川県立あいかわ公園は、宮ケ瀬ダム直下の河川段丘状に広がり、51ヘクタールもの広大な敷地の公園です。春には4万本を超えるツツジが咲き誇る「花の斜面」や、横浜ランドマークが一望できる「風の丘」などがあり、相模原の自然を間近で感じることができます。

 

 

あいかわ公園は、自然が望めるだけでなく、子どもが遊べる施設も充実しています。「冒険の森」では、スライダーや壁の迷路、林間アスレチックなどの大型遊具が並んでいます。大自然の中で思いっきり体を動かして遊んだら、とても気持ちが良さそうですね。冒険の森の遊具は、6歳から12歳の子どもが利用できます。

 

 

子どもの広場には、大きなトランポリンの「ふわふわドーム」や、暑い夏の日に水遊びができる「ジャブジャブ池」などもあります。また、パークセンター前から宮ケ瀬ダム下を通る「愛ちゃん号」は、子どもに大人気のロードトレインです。ロードトレインに揺られて、のんびりと車窓からの景色を眺めるのも良いですね。

 

 

さらに、工芸工房村では、地元愛川町の伝統工芸が体験できます。藍染めや機織り、紙漉きや陶芸などは、現代の子どもにはあまり馴染みのない工芸です。子どもが伝統工芸に触れられる機会はめったにないので、子どもにとっても貴重な経験になりそうですね。また、軽飲食コーナーや売店もあるので、お腹が空いたら腹ごしらえもできますよ。

あいかわ公園は、美しい木々や草花などの自然に囲まれた、広大な公園です。ロードトレインやアスレチック、ジャブジャブ池など、子どもが遊べる施設もたくさん揃っているので、一日中遊んでも、遊び足りないかもしれませんよ。

所在地:神奈川県愛甲郡愛川町半原5423-1
電話番号:046-281-3646
アクセス:【車の場合】
■東名高速道路 厚木I.Cより約50分
■圏央道相模原ICより約20分
■横浜横須賀道路 新保土ヶ谷I.Cより約45分
【電車の場合】
■小田急線 本厚木駅下車→神奈中バス「センター経由半原」行きにて「愛川大橋」下車→停留所より徒歩20分
■JR・京王線 橋本駅下車 神奈中バス「半原」行きにて終点下車→半原バスターミナルから徒歩30分
公式HP:http://www.aikawa-park.jp/
いこーよ:https://iko-yo.net/facilities/11743

相模原市でおすすめの遊び場を3つご紹介しました。いいお天気の日は、お弁当を持ってあいかわ公園へお出かけするのも良いですね。水族館や工場見学なら、雨の日でも楽しめます。

今度の休日は、親子で相模原市へお出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

タグ:

サイト内検索

---

子どもを笑顔にするお得な東京イベント情報サイト。東京イベントプラス〜ココロうごかす イベントプラス。親子で楽しいお得な週末お出かけ情報

お得な週末お出かけ情報やキャンペーン情報を発信♪たくさんのパパ・ママに大好評! LINE@友だち募集中!!

ワークショップ講師大募集♪